メルカリ〈mercari〉(4385)の株価上昇・下落推移と傾向(過去10年間)

4385メルカリ

メルカリ(4385)銘柄情報

社名メルカリ
証券コード4385
業種情報・通信
事業内容フリーマーケットサービス運営会社。フリーマーケット市場の個人間取引マーケットプレイス「メルカリ」によりスマートフォンでの中古品売買の場を提供。
決算6月
市場東証グロース
株価Yahoo!ファイナンス メルカリのページ

メルカリ(4385)過去10年間の株価上昇・下落推移と傾向

過去10年間の株価月間上昇・下落率一覧表(%)

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20183.9-21.41.5-23.9-4.6-32.4
201924.935.69.01.0-6.8-10.72.6-15.28.0-8.7-1.5-7.4
2020-14.027.0-14.029.218.33.732.78.80.8-9.38.6-4.3
202110.21.6-2.07.6-3.913.7-3.1-4.913.2-0.212.0-14.9
平均7.021.4-2.312.62.52.29.0-8.25.9-10.53.6-14.8

メルカリは2018年6月19日上場

【メルカリとよく比較される銘柄】
Zホールディングス ZOZO
 

メルカリ(4385)過去10年間の株価チャート

過去10年間の株価月足チャート

出所:Yahoo!ファイナンス

メルカリ(4385)過去10年間の株価年間高値・安値

過去10年間の株価年間高値・安値一覧表

始値(円)高値(円)安値(円)終値(円)高値日安値日
20185,0006,0001,7041,8426月19日12月26日
20191,8023,5451,7842,2353月28日1月4日
20202,1905,9301,5574,57510月14日3月19日
20214,5857,3904,5755,86011月22日1月4日

メルカリ過去10年間の最高値7,390円(2021年11月22日)、最安値1,557円(2020年3月19日)。

メルカリ(4385)決算情報

決算発表前後は株価が大きく動くことがあるので注意。

決算発表日

決算日
6月末日

過去の決算発表日

決算発表日
2021
2月4日4月30日8月12日10月29日
(2021年6月期第2四半期)(2021年6月期第3四半期)(2021年6月期通期)(2022年6月期第1四半期)
20202月6日4月30日8月6日10月30日
(2020年6月期第2四半期)(2020年6月期第3四半期)(2020年6月期通期)(2021年6月期第1四半期)
20192月7日5月9日8月8日11月7日
(2019年6月期第2四半期)(2019年6月期第3四半期)(2019年6月期通期)(2020年6月期第1四半期)
20188月9日11月8日
(2018年6月期第2四半期)(2018年6月期第3四半期)(2018年6月期通期)(2019年6月期第1四半期)

業績推移

決算期売上高(百万円)営業利益(百万円)経常利益(百万円)純利益(百万円)1株益(円)
2021年6月期106,1155,1844,9755,72036.43
2020年6月期76,275-19,308-19,391-22,772-147.86
2019年6月期51,683-12,149-12,171-13,764-94.98
2018年6月期35,765-4,422-4,741-7,041-60.61

財務推移

決算期総資産(百万円)純資産(百万円)自己資本比率ROA(総資産利益率)ROE(自己資本利益率)
2021年6月期262,52940,01314.90%2.18%15.49%
2020年6月期198,01435,36817.60%-11.50%-53.13%
2019年6月期163,68550,93631.10%-8.41%-26.13%
2018年6月期117,75254,42246.20%-5.98%-23.93%

メルカリ(4385)配当金情報

配当金権利落ち後は株価が大きく動くことがあるので注意。

配当金権利確定日

配当金権利確定日
6月末日

配当金推移

過去の配当金(1株当たり)

6月
20210円
(2021年6月期期末配当)
20200円
(2020年6月期期末配当)
20190円
(2019年6月期期末配当)
20180円
(2018年6月期期末配当)

メルカリ(4385)株主優待情報

メルカリは株主優待はありません。

メルカリ(4385)雑学

社名の由来

「マーケット」という言葉の起源であり、“商いする”という意味のラテン語「mercari」に由来します。

「個人間で、あんしん・あんぜんに取引を行えるマーケットにしていきたい」という思いが込められています。