ゆうちょ銀行(7182)の株価上昇・下落推移と傾向(過去10年間)

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行(7182)銘柄情報

社名ゆうちょ銀行
英文社名JAPAN POST BANK Co.,Ltd.
証券コード7182
業種銀行業
事業内容日本郵政グループの銀行子会社。総資産世界トップクラスの巨大銀行、預金(貯金)は国内トップ。窓口業務は日本郵便に委託。
決算3月
設立年月日2006年9月1日
本社住所東京都千代田区丸の内2丁目7番2号 
電話番号03-3477-0111 
市場東証1部
上場年月日2015年11月4日 
株価Yahoo!ファイナンス ゆうちょ銀行のページへ

ゆうちょ銀行(7182)過去10年間の株価上昇・下落推移と傾向

過去10年間の株価月間上昇・下落率一覧表(%)

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20150.6
2016-15.9-16.813.2-2.9-1.4-9.65.3-3.6-1.73.69.04.0
2017-2.02.4-1.90.4-0.94.7-1.4-1.3-0.72.9-0.32.8
20180.4-0.5-2.64.2-8.5-5.24.0-3.23.5-1.90.7-8.7
20194.7-1.9-2.71.2-9.1-1.6-3.3-8.58.23.3-2.0-0.9
平均-3.2-4.21.50.7-5.0-2.91.2-4.22.32.01.9-0.4

ゆうちょ銀行は2015年11月4日東証1部上場

【ゆうちょ銀行とよく比較される銘柄】
日本郵政 かんぽ生命保険

ゆうちょ銀行(7182)過去10年間の株価チャート

過去10年間の株価月足チャート
ゆうちょ銀行株価チャート

ゆうちょ銀行(7182)過去10年間の株価年間高値・安値

過去10年間の株価年間高値・安値一覧表

 始値(円)高値(円)安値(円)終値(円)高値日安値日
20151,6801,8231,6351,75011月5日11月4日
20161,7391,7571,1051,4031月5日2月12日
20171,4131,5001,3241,46712月20日4月14日
20181,4771,5401,1571,2101月15日12月25日
20191,1961,2869471,0502月14日8月26日

ゆうちょ銀行過去10年間の最高値は1,823円(2015年11月5日)、最安値は947円(2019年8月26日)。

ゆうちょ銀行(7182)決算情報

決算発表前後は株価が大きく動くことがあるので注意。

決算発表日

過去の決算発表日
【2019年】
2月14日、5月15日、8月9日、11月14日

【2018年】
2月14日、5月15日、8月10日、11月14日

【2017年】
2月14日、5月15日、8月10日、11月14日

業績推移

決算期売上高(百万円)営業利益(百万円)経常利益(百万円)純利益(百万円)1株益(円)
2020年3月期1,799,544379,137273,43572.94
2019年3月期1,845,413373,978266,18971.00
2018年3月期2,044,940499,654352,77594.09
2017年3月期1,897,281442,085312,26483.28

財務推移

決算期1株純資産(円)総資産(百万円)純資産(百万円)自己資本比率ROA(総資産利益率)ROE(自己資本利益率)
2020年3月期2,000.72210,910,8829,003,2564.20%0.13%2.69%
2019年3月期2,524.97208,974,13411,362,3655.40%0.13%2.33%
2018年3月期2,560.37210,629,82111,521,6805.40%0.17%3.06%
2017年3月期2,617.78209,568,82011,780,0375.60%0.15%2.68%

 

ゆうちょ銀行(7182)配当金情報

配当金権利落ち後は株価が大きく動くことがあるので注意。

配当金権利確定日

配当金権利確定日
3月末日、9月末日

配当金推移

過去の配当金(1株当たり)
【2019年】
(3月)25円 (9月)25円
【2018年】
(3月)25円 (9月)25円
【2017年】
(3月)25円 (9月)25円

ゆうちょ銀行(7182)株主優待情報

ゆうちょ銀行は株主優待はありません。

ゆうちょ銀行(7182)雑学

「貯金」と「預金」の違い

「貯金」とはお金を貯めること。
ゆうちょ銀行(郵便局)や農協(農業協同組合)、漁協(漁業協同組合)では貯金が使われる。

「預金」とは金融機関にお金を預けること。
貯金を使う金融機関以外、銀行や信用金庫、信用組合などにお金を預ける場合は預金が使われる。

金融機関によって「貯金」と「預金」の違いがあるのは、明治時代に郵便局や銀行がつくられる中で、

個人のお金を扱うことが多い郵便局は、英語の「saving」を訳して「貯金」、

企業のお金を扱うことが多い銀行は、英語の「deposit」を訳して「預金」

を使うようになったといわれている。